本文へスキップ

kichi-plaza

吉祥寺プラザ ロゴ

(お問い合わせ先)TEL. 0422-22-5336

〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-11-19

JR吉祥寺駅北口から徒歩7分


 重要なお知らせ 

当館は「映画館における新型コロナウィルス感染拡大予防ガイドライン(令和2年9月19日版)」
に基づき

全座席利用再開
場内での食事禁止 ※ドリンクのみ可
となります

また以下の感染防止対策を当面実施いたします。

○従業員、ご来場者様のマスク着用徹底(着用なき場合は入館できません)
○従業員、ご来場者様の手指消毒液設置
○従業員勤務前の検温(発熱時は勤務しません)、ご来場者様の検温(発熱時は入館できません)
○映画休憩時間の客席扉の開放(外気との換気)
○定期的な界面活性剤による肘かけ拭き
○整列入場時の前後間隔保持
○一部従業員、ゴム手袋の着用

上記以外にもお客様にご協力いただく事項が追加となる場合があります。
大変ご面倒をお掛けしますが何卒ご協力賜わりますよう、お願い申し上げます。




只今上映中

スパイの妻


第77回ヴェネチア国際映画祭
銀獅子賞(最優秀監督賞)受賞


当館での上映は11月26日(木)までとなります。
お見逃しなく!


監督:黒沢清
配給:ビターズ・エンド
©2020 NHK, NEP, Incline, C&I

出演:蒼井優 高橋一生 東出昌大 坂東龍汰
   恒松祐里 みのすけ 玄理 笹野高史



11/24
(火)
11/25
(水)
11/26
(木)
11:00
15:25
17:35
11:00
15:25
17:35
11:00
15:25
17:35

(作品紹介)
一九四〇年。少しずつ、戦争の足音が日本に近づいてきた頃。聡子(蒼井優)は貿易会社を営む福原優作(高橋一生)とともに、神戸で洒脱な洋館で暮らしていた。身の回りの世話をするのは駒子(恒松祐里)と執事の金村(みのすけ)。愛する夫とともに生きる、何不自由ない満ち足りた生活。 ある日、優作は物資を求めて満州へ渡航する満州では野崎医師(笹野高史)から依頼された薬品も入手する予定だった。そのために赴いた先で偶然、衝撃的な国家機密を目にしてしまった優作と福原物産で働く優作の甥・竹下文雄(坂東龍汰)。二人は現地で得た証拠と共にその事実を世界に知らしめる準備を秘密裏に進めていた。

一方で、何も知らない聡子は、幼馴染でもある神戸憲兵分隊本部の分隊長・津森泰治(東出昌大)に呼び出される。「優作さんが満州から連れ帰ってきた草壁弘子(玄理)という女性が先日亡くなりました。ご存知ですか?」

今まで通りの穏やかで幸福な生活が崩れていく不安。
存在すら知らない女をめぐって渦巻く嫉妬。
優作が隠していることとは――?
聡子はある決意を胸に、行動に出る……。






星の子

当館での上映は11月26日(木)までとなります。
お見逃しなく!


監督・脚本:大森立嗣(『日日是好日』) 
原作:今村夏子『星の子』(朝日文庫/朝日新聞出版刊)
配給:東京テアトル、ヨアケ
©2020「星の子」製作委員会

キャスト:芦田愛菜/永瀬正敏 原田知世



11/24
(火)
11/25
(水)
11/26
(木)
13:15 13:15 13:15

(作品紹介)
大好きなお父さんとお母さんから愛情たっぷりに育てられたちひろだが、その両親は、病弱だった幼少期のちひろを治した“あやしい宗教”を深く信じていた。中学3年になったちひろは、一目惚れしてしまった新任のイケメン先生に、夜の公園で奇妙な儀式をする両親を見られてしまう。そして、彼女の心を大きく揺さぶる事件が起きるー。




バナースペース

スマートフォン版