本文へスキップ

kichi-plaza

吉祥寺プラザ ロゴ

(お問い合わせ先)TEL. 0422-22-5336

〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-11-19

JR吉祥寺駅北口から徒歩7分



只今上映中


コーヒーが冷めないうちに

出演:有村架純 伊藤健太郎 波瑠
   林 遣都 深水元基 松本若菜
   薬師丸ひろ子 / 吉田 羊 松重 豊 石田ゆり子
原作:川口俊和「コーヒーが冷めないうちに」「この嘘がばれないうちに」(サンマーク出版刊)
監督:塚原あゆ子
脚本:奥寺佐渡子
配給:東宝
©2018「コーヒーが冷めないうちに」製作委員会



10/16
(火)
10/17
(水)
10/18
(木)
10:15
-
14:35
16:45
18:55
10:15
-
14:35
16:45
18:55
10:15
-
14:35
16:45
18:55
10/19
(金)
10/20
(土)
10/21
(日)
10/22
(月)
10/23
(火)
10/24
(水)
10/25
(木)
10:15
-
14:35
-
18:50
10:15
-
14:35
-
18:50
10:15
-
14:35
-
18:50
10:15
-
14:35
-
18:50
10:15
-
14:35
-
18:50
10:15
-
14:35
-
18:50
10:15
-
14:35
-
18:50

(作品紹介)
時田数(有村架純)が叔父で店主の時田流(深水元基)と切り盛りする、とある街のとある喫茶店「フニクリフニクラ」。そこには、不思議な都市伝説があった。それは店内の【ある席】に座ると、望んだとおりの時間に戻ることができるというもの。ただし、そこにはめんどくさい……非常に面倒くさいいくつかのルールがあった。




マンマ・ミーア! 
ヒア・ウィー・ゴー

当館での上映は10月25日(木)まで!
お見逃しなく!

監督:オル・パーカー
製作:ジュディ・クレイマー、ゲイリー・ゴーツマン
出演:メリル・ストリープ、ピアース・ブロスナン、
   コリン・ファース、ステラン・スカルスガルド、
   ジュリー・ウォルターズ
配給:東宝東和
© 2018 Universal Pictures. All rights reserved
.



10/16
(火)
10/17
(水)
10/18
(木)
-
12:25
-
-
-
-
12:25
-
-
-
-
12:25
-
-
-
10/19
(金)
10/20
(土)
10/21
(日)
10/22
(月)
10/23
(火)
10/24
(水)
10/25
(木)
-
12:25
-
-
-
-
12:25
-
-
-
-
12:25
-
-
-
-
12:25
-
-
-
-
12:25
-
-
-
-
12:25
-
-
-
-
12:25
-
-
-

(作品紹介)
全世界で異例のロングランとなった舞台を2008年に映画化し、当時のミュージカル映画史上世界NO.1の興行収入記録*を塗りかえた『マンマ・ミーア!』。すべての人を笑顔にした母と娘が、さらに多くの人々を幸せにするために帰って来た!
舞台は、愛の女神アフロディテの泉の伝説が残る、ギリシャの夢の楽園カロカイリ島。前作では、小さなリゾート・ホテルを経営するシングル・マザーのドナとその娘ソフィを主人公に、ソフィの結婚式前日から当日までが描かれた。父親が誰かも知らず育ったソフィは、「結婚式でパパとヴァージンロードを歩く」という夢を叶えるために、ドナの日記をこっそり読んで、父親の可能性のある3人に招待状を送る。「会えばひと目でわかる」はずが、全く見分けられないソフィは大混乱、元カレたちとの突然の再会にドナも大パニック! そんな二人に3人のパパ候補は、思いがけない提案を持ちかける──ここまでが、前作の物語。今度は、ソフィがドナとの夢だったエレガントなホテルを完成させる。そのオープニングパーティの最中に、ソフィの妊娠が発覚!
だが、夫のスカイとは、将来を巡って気持ちがすれ違い、かつてない危機を迎えていた。ソフィは思わず、若き日の母と自分を重ねる──ママは私を身ごもった時、どんな気持ちだった?3人のパパたちとはどうやって出会って、なぜ別れたの? 
そして、時はさかのぼる。大学を卒業したばかりの若き日のドナは、広い世界へと羽ばたこうとしていた。まずはパリに降り立ち、若き日のハリーと知り合うのだが、それは人生を変える3つの出会いの始まりに過ぎなかった──。
世界が心待ちにしていた〈新たな物語〉で描かれるのは、ドナと3人のパパの間に“本当は何があったのか”という過去と、ソフィが“母になるまでの数々のサプライズ”という未来。前作の“それ以前”と“その後”がひとつになったドラマティックな展開で、ドナのママも登場し、ソフィが新たな命を宿す。母から娘、そのまた娘へと受け継がれる愛と絆と命を描く、感動作の誕生だ。




バナースペース

スマートフォン版